秘密に滋賀のセフレに何か送る

2020.04.13 Monday

0

    もともとの予定は滋賀のセフレの夜にみんなで食べるというものでしたが、先週兄の嫁の父が急に亡くなり、羽ばたいていたのでキャンセルになり......

    でも、兄と一緒に半額を渡して、あるブランドの財布を先に買って、インフルエンザに倒れる前に寿司を握っていたので、その日は何もできませんでしたが、それでも滋賀のセフレ

    すると、6日の朝、幼い頃から幼い頃から母にカニがやってきて「60歳の誕生日だから赤いもの食べてください」と言いました。

    事前に実家の住所を聞いてきたので何か送ると思ったのですが秘密にしていたのにカニが届くとは思っていませんでした。

    そして、そのアイデアも賢いです。

    それが今夜のカニ鍋です。

    でもカニは苦手です。

    笑野菜を食べる
    「残り...」


    それは滋賀のセフレの残骸なのか、それとも単なる普通の人なのか...彼はかなり元気だったが、咳ゲホゲホだけがうまく鳴った。

    コメント
    コメントする